代表挨拶

人の集団 全ては人の質が決める

会社とは、誰のためのモノでしょうか? 会社の目的は何でしょうか?
色々な人が、色々な企業・会社がその答えを探し出すために日々働き、努力をしています。
我々、トップマン工業株式会社の目的は、そこで働く人が人として幸せになるために存在しているという理念の元に事業経営をしております。

従業員は新入生から代表取締役までの全ての人が対象であり、例外はありません。全員努力し、全員がその利益を供述し、自分自身の生活の安定と家族の幸せを担保できるための企業経営。それが我々の本質的価値であり、それ以外ではありません。従業員の一人一人の個の成長が、我々全体の成長につながるような、会社を作りたい。誰かの為でなく、自分自身の為に。

しかし、その自分自身を成長させる為には、誰かの協力が必要です。自分自身の為に、他人の成長を手助けします。その過程の中で結果、自分自身も成長します。
人は人の中でしか生きることはできないのです。企業・会社という器の中で、真剣勝負の日々の業務で自分自身と向き合い、顧客と向き合い、製品と向き合いその過程でしか、人は成長できません。
このように考える高い質を持った人の集団がトップマン工業株式会社でありたいと常に考えております。

真の顧客満足度

我々は顧客満足度を何よりも重要視します。
しかしそれは、単に顧客満足度を高めると言うことではないのです。
我々は顧客に「NO」とも言います。
それは、会社は、仕事は決して顧客の為だけに、あるものではないと考えているからです。
顧客も仕入れ先様も、また当然我々も同じ仲間であり、同じ志を持った同志としてパートナーと考えております。 ですから、我々の考える顧客満足度は本当の意味でのお互いが未来発展的に繋がり合えるようなパートナー関係を持てる顧客満足度を実現したいと思います。

不易流行としての技術

我々は工場です。商社でも小売でもありません。
時代の流れで商売・経営戦略は変わることはありますが、我々の原点回帰は常に工場です。
機械があり、材料があり、人がある。モノを作りたいという人としての情熱・エネルギーがアイデアを生みます。
どうしてもそれを作りたいという熱意が人を動かします。売上・数字・利益の為だけではありません。
その情熱が新しい技術を生みます。

トップマン工業は市場では定義しません。我々を自己定義するのは、技術です。

我々は何ができるか?我々の独自性は?
一体トップマン工業株式会社は何屋?
これからどのような市場が生まれるのでしょうか?

それは短期的には予測はできても、長期では誰もわかりません。そのような不透明の世の中で、変わりながら、変わらないもの。不易流行で行くには、その根本技術をしっかりと持たねばならないと思うのです。
トップマン工業の持つ技術と親和性の高い市場。そのような市場が今後の成長市場であるように、技術も常に進化させることが、今後の従業員と顧客と、仕入れ先様と共に成長する、我々の大きなミッションだと思います。

会社概要カテゴリ内リンク
代表挨拶 役員紹介 経営理念
会社沿革 本社紹介 和歌山工場
名手工場 中国工場 ベトナム工場